ただ見るだけでいい、ただ見せるだけでいい

 

こんにちは。

今日は最近気づいた自分の癖について書いてみたいと思います。

 

私は、自分の考えていることがいつも正しいと思っていて、周りの人の自分と違った考えや行動を目にすると、不機嫌になったり正面から否定して戦ってみたり、そんなことをずっと続けていました。いつも悶々と考える日々でした。

 

仕事の時は、それが変な正義感となって、

nocco
ありえないわ、あの人。

何考えてるのかしら?まったく。

と思ったり。時には勝手に不機嫌になったりしました。

 

最近では、例の「注射」の件で、

絶対にやめたほうがいいわよ。

これだけ言っても、どうして打つの?

と連発していました。

結局そこから生まれたものは「分断」しかありませんでした。

家族の中で、注射を打つ者と打たない者。真っ向から対立し、目を背けることができない状態になっていきました。

なぜいつも後味が悪く、同じ結果になるのだろう。。

 

気づいたのは、私の『コントロール癖』でした。

 

自分と違う考え方や行動が、どうしても許せなかったのです。自分がいつも正しいと思っていたから。自分の思い通りに人を動かそうとするエゴが働いていました。自分の尺度で物事をジャッジしてしまうのです。

世の中には自分と同じ考えや行動の人なんていない、みんなそれぞれの個性があるし、考えは様々。正しいとか正しくないなんてない、と分かっているのに、自分と同じようにさせたい願望。冷静に考えてみると、相当勝手です。

 

そんな時、メンターからこんなエッセンスをもらいました。

『人々の行動が自分と違っていても、ただ、この人はそうなんだな、と見るだけでいいんだよ。そして自分の行動をただ周りに見せるだけでいい。』

 

私の行動を見て「ノッコさんはこう考えるんだな」と感じて考える人、全く何も感じない人、さらに反発して自分の主張を貫く人、それぞれいると思います。

でもそれはその人の、その時の学びであり、他人がそれを修正しようとするなんて、傲慢以外の何物でもない、ということ。

 

見るだけ、そして見せるだけ、って実際には簡単なことではない気がします。でも、それができてこそ、本当の家族関係、パートナーとの関係、友人関係が生まれるんだと思います。

このコントロール癖を手放すことは、霊的に成熟した同士のパートナーシップに必要な要素なのではないでしょうか。つまり、これからの時代にクリアすべき課題。本当の自立した親子関係、男女関係のために。

自分が自分で満足できていないから、それを外から埋め合わせしようとして、干渉しすぎてしまうのです。当然そのようなコミュニケーションはうまくいくわけもなく、結果、争いが生まれてしまいます。

 

 

振り返ると、私は母に対して、こんな風に思っていました。

nocco
お母さんはいつも私のことをコントロールしようとしている。本当に嫌になっちゃうわ。

 

昔の会社の上司に対しても、

細かく私の行動をチェックして、自分の思い通りに指示して、本当にストレスよね。

と平気で思っていました。

だけど、それはなんと、自分を写し出す鏡だったのですね。つまり、自分のコントロール癖を周囲が見せて、気づきなさい、教えてくれていたのです。本当に気づく、ということは、心にストンと落ちる「あ、私、本当にそうだったわ」と感じること。

 

今回のスピリチュアルプラクティスは、『コントロール癖を手放す』でした。

手放すというより、自分がその癖を持っていたことを自覚して、ようやく解決方法までたどり着いた、というのが正確かもしれません。

そしてその裏に隠れていいたのは、正義感と救世主癖。もっと分かりやすく言えば、おせっかい癖。

近しい人に持っている情報を伝えるのは当然のことです。でも、度を超えた正義感や救世主癖が顔を出すと、お互いの境界線を越えてしまい、対立を生む原因となるのです。

最近は冬至の前だからか、毎日にように自分の不必要な感情が表に出てきます。それをメンターにカウンセリングしてもらいながら一つ一つ浄化する日々です。早く一人で気づき、浄化できるようになりたいと思っています。

 

ブログを読んでくださる方の中でも、この癖を持っている方、きっといらっしゃると思います。自分がどうなのか分からなかったら、周りにそういう、超干渉人間がいないかどうか、そしてその人に自分はストレスを感じていないか、探ってみてもよいのかもしれませんね。

 

 

最近、週の1日を「何もしない日(安息日)」を作りました。

必要最低限の家事以外、何もしない日、自分の好きなことしかしない日です。あれもこれも早くやらないと!と思う気持ちを1日横に置いておくのです。

そんなの無理、、と思われがちですが、掃除機をかけなくても、お料理を手抜きしても体調が悪くなることなんてありません。むしろその反対。

実際にやってみると、

nocco
どうして私、そこまで焦ってやっていたんだろう。。

 

と思うことばかり。

「何もしない日」を作ることを、家族もパートナーも反対どころか、強く後押ししてくれました。特に父はその日は自分のことをできるだけ自分でやろうとします。

ゆっくりと過ごす時間の中で、自分でそれまで気づかなかったことにたどり着くことも多いです。そして周囲が穏やかに幸せなエネルギーで包まれる1日。

何もしない日、安息日は、コントロール癖もない日。強くおすすめします。

nocco
今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
tofukuji

このブログにアップした2枚の写真は、京都・東福寺。秋は美しい紅葉で染まります。

おすすめの記事