おすすめの記事
大天使ミハエルからのメッセージ 「これからは共存の時代」

 

皆様、こんにちは。

今日は、先月大天使ミハエルから受け取ったメッセージの中で、年明けにふさわしいものを選びました。

 

大天使ミハエルとのチャネリング (2022年12月19日 23:20)

共存の時代です。

戦いを終わらせなければならない。

考え方の違いで人と争う時代はもう終わりです。

自分が正しく、相手が正しくないということはありません。

視点を変えれば、どちらも正しい。

正しいとか正しくないというのもない。

必要なのは多様性を受け入れること。

考え方の違いを受け入れることです。

バランス。

それができないと怒りに変わります。

愛が必要なのです。

まずは自分を愛で満たすことです。

温かい光の中に包まれてください。(ミハエル)

 

20代にフランスに住んでいた頃、この多様性が理解できずに、いつも怒り続けていたことを思い出します。

パリでの生活は、日本のようにスムーズに行くことばかりではありませんでした。

言葉の問題、文化の違いから、トラブルややり直しが日常茶飯事で、私はいつも「こんなことあり得ない」と感じ、心穏やかでない日が続きました。

でも、あり得ないと思っているのは私の視点で、周りの人は普通と思ってやっていたわけで、どちらが正しい悪いというわけではないのだ、ということを、このスピリチュアル探究を始めてから気づきました。

その中で、辛くてもがいている自分のことを、そこから逃れようともせず、「私ってかわいそうな人」という自己陶酔ドラマに入りこみ、自分から苦しいことを選んでいたんだなあ、と今は冷静に思います。

ーーーーー

『2023年はジャッジメントを手放す年』と言われていますが、大天使ミハエルからの言葉は、まさしくそういうメッセージだったと思います。

今年人々に求められている調和・統合のためには、このジャッジメントは不要であり、内側の自分自身との再統合・再接続が必要になってきます。

私にとっても、ここが今年の大きな課題です。

そのためには、いかに自分を愛し、満たし続けるか、ということだと思っています。

 

nocco

今日もありがとうございました。